100%オーガニックのサプリ【白井田七】で疲れやすく冷えが気になる更年期症状対策を

白井田七

有機栽培の白井田七を黒酢で醗酵させた液状タイプ「白井田七 甕(かめ)」を、先日1箱飲み終えました。

感じていた左足の親指の痺れが気にならなくなったり、目覚めもスッキリ!からだの巡りが良くなるのを、白井田七(しらいでんしち)で実感したんです。

白井田七甕眠りが浅く目覚めもスッキリしない更年期に【白井田七 甕】で感じた効果

私は、一昨年から更年期の症状が出始め(ほてり・のぼせ・冷え・倦怠感)、疲れやすく疲れがとれにくいなどを感じています。

液状タイプ「白井田七 甕」で更年期の症状緩和を感じ、今度は錠剤タイプも飲んでみることにしました。

完全無農薬・有機栽培の田七人参を、飲みやすい錠剤タイプに仕上げた100%オーガニックのサプリメント「白井田七」です。

白井田七の特徴や、飲んでみた感想をレビューでご紹介しますね。

更年期の症状対策にも効果的な田七人参の栄養素は?

白井田七甕
環境の厳しい高山のみに生息する薬用植物「田七人参」には、めぐり成分サポニンが高麗人参の約7倍もあって、体内で作り出すことができない必須アミノ酸9種類が全て含まれています。

栄養素は数十種類以上。

めぐり成分のサポニン・フラボノイドなどの他にも、ギャバ・ミネラル・ビタミンなど、健康に欠かせない栄養素がギュッと詰まっています。

更年期症状が出ている私には、めぐり成分は嬉しいんですよね。からだの巡り(めぐり)が悪くなっているのを日々実感しているので・・。

白井田七(錠剤タイプ)は、4粒で95㎎のサポニンを摂ることができ、100%オーガニック食品で添加物は一切入っていません。

めぐり成分が豊富な田七人参を有機栽培したものが白井田七

白井田七
私は最初、めぐり成分サポニンが高麗人参の約7倍もある田七人参と、白井田七(しらいでんしち)の違いで少々混乱してしまいました。

名前が似ているけど何がちがうのか?白井田七は商品名なだけ?など・・・

田七人参を農薬不使用・有機栽培したものが「白井田七

田七人参は収穫に3~7年もかかり、その間に病害虫被害にあえば全て無駄になってしまいます。なので、栽培リスクを回避するために化学肥料と農薬の力を借り栽培するものでした。

それでも安心安全にこだわって、不可能と言われ続けた田七人参の、農薬不使用・有機栽培に成功されたのが白井博隆氏。

12年もの歳月をかけて農法の改善を続け、世界最高水準を求められるIFOAM(国際有機運動連盟)認証を取得した実績もあります。

飲みやすい錠剤タイプにするために2%の有機玄米

白井田七
農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで自然界の力で生産された食品「有機JAS認証マーク」が、和漢めぐり系サプリの白井田七にはついています。

そして、原材料名を見て驚きました!とてもシンプル2つだけ。

  1. 有機田七人参(98%)
  2. 有機玄米(2%)

有機栽培された玄米が入っているのは、田七人参だけでは錠剤の形を作るのが難しく、つなぎとして加えられたもの。

2%の有機玄米は、結着剤の役目をしているんですね。

つなぎの玄米まで有機栽培されたものなのも、安全へのこだわりを感じて安心して飲むことができます。

白井田七
原材料名2つだけの白井田七は、余計なものは一切加えず圧力のみで錠剤にしています。

粉末ではちょっと飲みにくいといわれる田七人参を、錠剤タイプで簡単に飲めるのはいいですね。

賞味期限は、製造日から2年間です。

意外にも可愛い実用的なプレゼントが入っていました

白井田七
白井田七のデザインは、古風なようでモダンな感じがお洒落。

早速飲んでみようと箱を開けると、メッセージカードのようなものが・・・。

白井田七
手に取ってみたらメッセージカードではなく、貼れるメモ帳。

可愛らしくて、実用的なプチプレゼントに心が和みます。

オーガニック100%!白井田七錠剤タイプを飲み始めました

白井田七
ガラスの瓶から錠剤を取り出すと、匂いはありますが気になって飲めないほどではありません。

味を知るため試しに、しばらく口の中においてみると・・・苦味があって、田七人参が粉末では飲みにくいと言われる理由がわかりました。

でも、お水ですぐに飲んでしまえば全然気にならないですよ。

白井田七
1日の摂取目安は、4~8粒。「白井田七」は4粒で、めぐり成分サポニンを95㎎摂ることができます。

飲むタイミングのおすすめは、成分の吸収率が高まる空腹時。

先日、1箱飲み終えた液状タイプ「白井田七 甕(かめ)」では、ぐっすり眠れて目覚めスッキリを実感しています。そして、左足の親指だけ痺れが気になっていたんですが、飲み始めて1週間くらいで感じなくなっていました。

 

白井田七 甕(かめ)
白井田七甕
田七人参を有機栽培した「白井田七」を黒酢で醗酵させた液状タイプ。持ち運びにも便利なスティックタイプで、そのまま口をつけて簡単に飲むことができます。黒酢の酸っぱさやツンとくる感じがなく、とても飲みやすいですよ。

季節的なものじゃなく手や足先などの冷えを感じていたのに、そこまで気にならなくなったのも「白井田七・甕」での嬉しい変化。

錠剤タイプを1瓶飲んでみて、液状タイプで感じた効果を実感できるか確認したいと思います。

どちらも飲んでみて、自分に最も合う方を飲み続けるのがいいですね。

白井田七を愛飲している方の声

白井田七

身体が温かくなり、よく寝れる様になりました。続けていこうと思います。

更年期障害対策で続けて摂取しております。値段も高いし効いているのかどうかもわからないので、しばらく摂取をやめました。すると徐々に手足の冷えを感じ始め、風邪を引いてしまいました。更年期障害に効いているかは実感ないですが、血の巡りは確かによくなるのだと身をもって体験しました。それからまた続けて摂取しております。
いつも、ひどい便秘に悩まされていますが、苦しむことなく自然に改善されています。

 

白井田七(錠剤タイプ)
白井田七

  • 有機栽培で育てられた田七人参を98%配合の錠剤に
  • 栽培・加工・製造を一貫管理
  • 原材料は田七人参と有機玄米のみ
  • 100%オーガニック
  • 有機JAS認証取得
  • 国際有機認証取得

私は液状タイプで効果を感じ、錠剤タイプ(240粒入り)で飲み始めましたが、白井田七には120粒入りのエコパックもあります。

初めての方は、こちらのサイズから飲み始めてみるのもオススメです。

120粒(約1ヶ月分)の白井田七 錠剤タイプは、通常価格 6,480円(税別)。

回数お約束のない毎月お届け便もあり、定期初回限定価格 3,980円(税別)送料無料/代引き手数料も無料。2回目からは、通常価格の20%オフになります。

私のように更年期の症状(冷え・倦怠感)などを感じている方、からだの巡りが気になっている方は「白井田七」チェックしてみて下さいね。

公式サイト>>和漢めぐり系サプリ【白井田七】

error: Content is protected !!