2019年のスケジュール手帳は初めてのCANTACARTA(カンタカルタ)に

CANTACARTA

早いもので今年もあと3ヶ月。

私は歳を重ねるごとに、「1年ってこんなに早かったかな?」と思うようになっています。

毎年この時期になると、1月始まりの来年のスケジュール手帳が並び始めますね。システム手帳を使っていた時もあったのですが、どうしてもリングがあると書きづらくて、ここ数年はスケジュール手帳を使うようになりました。

私の希望のスケジュール手帳は・・・

 

CANTACARTA

 

  • デザインと手触りが好きなもの
  • 月曜始まりで祝日などが日本語表記されているもの
  • B6サイズ以下
  • 重くない太くない
  • 紙質がよく書いていて裏移りしない
  • バックの中でも手帳の用紙が折れたりせずしっかり閉じておけるもの

これらの希望にピッタリで、初めて使ってみることにしたのがCANTACARTA(カンタカルタ)。

イタリアのデザイナーが手がけたデザインと、日本の工場で行われた製本のスケジュール手帳です。

 

売り場でまず表紙デザインの豊富なバリエーションに目が行って、気になって手に取ってみたら、丁寧な作りや上質な用紙なのを確認して即決しました。

お洒落なイタリアと質実剛健な日本の、イイとこどりをしたようなスケジュール手帳です。

CANTA=歌う・CARTA=紙で「歌う紙」という意味が込められている、CANTACARTAの手帳の中身を詳しくご紹介しますね。

CANTACARTA(カンタカルタ)2019年スケジュール手帳

CANTACARTA

全12種類のデザインの中から、私が選んだのは「ダルメシアンドット

表紙はクリーム色っぽい合皮で、「101匹わんちゃん」のモデルとしても有名なダルメシアンがデザインされています。

シルバーの部分が、角度によって地味にキラキラ光るのも好みでした。

ちなみにCANTACARTA 全12種類のデザイン中で、最後までどちらにしようか悩んだのは「ブラッシュストライプ」です。

こちらの表紙デザイン「 ブラッシュストライプ」は、表紙が合皮ではなく、しっかりした紙でできています。

どちらも好きで迷いに迷い、中身は同じなので最後の決め手は表紙の手触りが好きで自分にしっくりくる方にしました。

CANTACARTA

CANTACARTA のスケジュール手帳は、すべて187mm x 128mmのB6サイズ。

バックの中に入れておいてもページがめくれてこない、手帳をしっかり閉じておけるゴムバンドが全12種類すべてについています。

このゴムバンドがついていることが私には重要で、バックの中でページがめくれ用紙が折れたり、ヨレヨレになってしまうのがとっても嫌なんですよね。

スケジュール帳をフル活用しながらも、最後までキレイなまま使いたい厄介なこだわりを持っているので(完全な自己満足です)

CANTACARTA

私が選んだデザイン「ダルメシアンドット 」の表紙を開けると、目が覚めるような真っ赤な1ページ目が飛び込んできます。

売り場で中身を確認した時、丁寧な作りや上質な用紙より先に「うゎ・・・好きだ」と思ったところです。

そして、ゴールドのサテンのしおりも付いているのが、CANTACARTAのスケジュール手帳を気に入ったポイントの1つ。

クリーム色の表紙に角度によって光るシルバー、真っ赤な1ページ目、光沢のあるゴールドのしおり、目に優しいクリーム色の用紙。

この色の組み合わせが好みの地味派手で、来年からカンタカルタの「ダルメシアンドット」を使い始めるのが楽しみになっています。

CANTACARTAは月曜始まりの月間カレンダータイプ

CANTACARTA

CANTACARTAの中身は、月曜始まりのシンプルな月間カレンダータイプ(2018年11月~2020年3月)

ウィークリーページはありませんが、月と月の間には2ページのノートページがありますよ。

マンスリーページのマス目の中には罫線もあって、ページ右のメモ欄や月の間のノートページも上手く活用すれば、私がスケジュール手帳に記入したいこと(予定・クレジットカードを使用した金額の覚書・今月やること)などが十分書けそうです。

イタリアデザインのお洒落なスケジュール手帳でありながら日本製の手帳なので、大安や先勝などの六曜、祝日や一般的な行事も日本語できちんと表記されています。

CANTACARTA

CANTACARTA(カンタカルタ)はどんな筆記具にも馴染むオリジナル用紙を採用していて、中身を確認したとき何度も撫でてしまったほど紙質がいいのも特徴の1つ。

日本の製紙工場で長年研究され改良された紙は、「やっぱり日本製はいいな」と思わせてくれるものです。

たっぷり使えるフリーノートページの使い方は?

CANTACARTA

2018年11月~2020年3月までの月間カレンダーの後には、121ページもあるドット方眼のノートページが続きます。

このページはたっぷり自由に使えて、思い出になる写真やチケットを貼ったりしてもいい。

とは言いつつも・・・私が来年の為に早速このページを使ったのは、数あるパスワードやIDを記入することだったんですけどね。

たっぷり書けるノートページには、老後の楽しみに読み返せる思い出も綴っていきたい。

カンタカルタ手帳の最後には

CANTACARTA
CANTACARTAの最後のページには、マチ(厚み)付き封筒のようなポケットがついています。

とてもしっかりした紙で作られていますが、固いものや厚みのある物を入れると徐々に破れてきそう。

手帳スケジュールシールを貼ったりしながら使っていきたい方は、この中に何枚もシールを入れておくこともできますよね。あと、旅行先のポストカードや、身近にいつも持っておきたい大切な手紙、とりあえず保管しておきたいものなども。

CANTACARTA

2019年 この手帳を使いながら過ごしている間に、いよいよ平成が終わります。

昭和生まれの私は子供のころ、大正生まれの祖父や祖母のことを「昭和の1つ前の昔はどんな時代だったんだろう?」と思っていたんですけど、昭和は次の元号の2つ前となるんですよね。

現在アラフィフなので野球で例えるならば、人生の6回裏か7回表くらい?

1つ1つ丁寧に仕上げられたCANTACARTAの手帳にはスケジュールだけじゃなく、2019年の心の動きや、物事の趣(おもむき)なども記したい。

そして・・・40代半ばから太りやすくなってきたので2ヶ月前から始めて効果を実感できている、体の摂取・吸収・排泄という3つのサイクルに合わせて午後8時~翌日の昼12時までは断食し、朝は完全無添加酵素ドリンクを飲むダイエット経過なども記録していこうと思います。

 

HANA国産化粧品【HANAオーガニック】トライアル40代お試しレビュー 座右の銘座右の銘は何ですか?自分を励まし奮い立たせてくれる言葉
error: Content is protected !!